架空畳FLIPSIDE#02

「うつくしき子どもたち」

7月21(木)~24(日)
吉祥寺櫂スタジオ

6作品同時連続再演


そんなわけで、フリップサイドの2回目は再演です。それもナンと6作品の同時連続再演。公演日数はたったの4日間。劇場は架空畳史上最も狭い、櫂スタジオ。 ん?ん?なぜこんなことになってしまったのでしょう。なぜだ。

初めは、短編集をやろうと思ったのです。やったことがないので。けれど困ったことに、アイディアに短編や長編という区別は無いのです。物語が終わるのは、終わりの時間が来るからに過ぎず、本当は幕が降りた後もオハナシは続いているのです。だからすべての短編は長編の一部だし、あらゆる長編も、もっと長い物語の一部なのです。本当です。で、あるならば…まあ、こういう形でも良いわけです。器にあった大きさにあつらえて作るよりも、明らかに収まらないサイズのモノをぎゅうぎゅうに収めた方が、無茶でいいではないですか。どうですか。

ただ一つの問題は、過去公演の台本が一切、残っていないことです。ホントに、まったく、キレイなまでにナイのです、ないものは、ない。ないんだから、仕方ないのです。webページ上にアーカイブされている僅かばかりのセリフを手掛かりに、もう一度、イチから書き直しています。全て、きっと、必ず、ぜんぜん違うハナシになるでしょう。誤解と錯誤に満ち満ちた作品群が現れるのでしょう。再演といいながら、ヒドいことです。それでいいと、今は思います。

もともとは、それぞれ90?120分くらいの長さだったものを、無理の上にも無理を重ねてムリムリと、一本30分にしてしまいました。6本で都合、180分。それを3本でワンセット、90分ずつの『誤読編』と『曲解編』、2本に編んで上演致します。お急ぎの方は、どちから一本で結構です。折角なら、二本見てくださいね。ね。

やりたいことは唯一つ、やったことのないことです。

1秒間に1万語。あのころ、無我夢中で書き飛ばしたセリフたち。不出来で、いびつで、デタラメな、世界イチうつくしい子どもたち。灰を被ってもう一度、吉祥寺でお待ちしております。

あなたを、待っています。

架空畳
小野寺邦彦

上演作品


「誤読編」

荒野の知らない
トライトーン

『吐く息がこんなに白い日の朝にはね、ごらん。オホーツクの裏側が見えるのさ。』
第5回公演 2008年2月初演

ディアスポラ

『時間はいつも、一本の子午線の上で、追っかけっこをしてるんだ。螺旋の軌道を描いて。』
第4回公演 2007年10月初演

アルストロメリア・
ケイデンス

『そうだ、見るんだ、微熱少年。こちら側から、君がせ・け・んと呼ぶ、あちら側の世界の姿を。』
第6回公演 2008年6月初演

「曲解編」

薔薇とダイヤモンド

『物語の中で人が一人死ぬ。すると現実でも一人、人が死ぬのです。このことはまだ誰も知らない。』
第13回公演 2011年9月初演<

モダン・ラヴァーズ
アドベンチャー

『ひい、ふう、みい、よお。するとどうだろ、さっきより鮮明にそのマッシロに透き通ったヒフが見えるんだ。』
第12回公演 2010年12月初演<

デジタル クォーツ
セコンドハンズ

『そして私が、話す番になった。』
第1回公演 2006年5月初演

タイムテーブル

※全て開演時間です。開場時間は開演時間三十分前です。
※駐車場はございません。お車、オートバイ、自転車でのご来場はご遠慮ください。

ゲストトーク決定



7月24日(日曜日)【誤読編】終了後にせきやゆりえさんのゲストトークを行います。
『モダンラヴァーズ・アドベンチャー』にて、公演フライヤーのイラストを手掛けて下さったこともあります、 イラストレーターのせきやゆりえさんをお招き致しまして、劇作・演出の小野寺が、創作について伺います。 ゲストトーク、アフタートークという言葉から連想される、 なあなあの内輪話、身内ぼめではなく、現役のクリエーターに実作上でのノウハウや 教えを請う、『勉強会』として企画致しました。24日15時半開演の【誤読編】終了後の17時15分~17時45分までの30分程を予定しております。


出演


岩松 毅

江花実里

佐々木諒

澤岡史織

伊藤大輔

永井友梨

田村友紀

柴山花奈子

細井メリハ

森智希

新タ莉江

(7/23、24のみ)

末安陸


チケット

一般販売 6/22~

当日

チケット購入