かながわ短編演劇アワード2020 参加作品


「天使も踏むを恐れるエチカ」



2020年3月20(金)~22(日)
3月22(日)

@KAAT神奈川芸術劇場・大スタジオ
一般:1000円/高校生以下:500円(前売・当日) 
無観客開催・LIVE中継実施

作・演出:小野寺邦彦
出演:岩松毅/江花実里/田村友紀/澤岡史織/永井友梨/佐々木諒
詳細→かながわ短編演劇アワード2020・公式



重要なお報せ



架空畳が参加予定の『かながわ短編演劇アワード2020』がCOVID-19感染拡大防止のため、無観客開催となります。 それに伴い上演は3/22(日)のみとなり、ライブ配信が実施される予定です。 ご来場予定のお客様には大変申し訳ございません。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 なお、お手元のチケットは払い戻しの際に必要となりますので、大切に保管いただきますようお願いいたします。 払い戻しやお問い合わせは かながわ短編演劇アワード2020・公式 までお願い致します。




↑TOP

スケジュール



【Aブロック】 / 3月22日 14時~

安住の地 「異郷を羽織る - Drape the Strange land -」
架空畳 「天使も踏むを恐れるエチカ」
ジョン・スミスと探る演劇 「ジョン・ヘンリック・ドン・ペンバートンの最小限な景色」
モメラス 「28時01分」

【Bブロック】/ 3月22日 12時~

神奈川大学附属高等学校演劇部 「堕天のススメ」 出場辞退
くによし組 「無口なストーン」
シラカン 「くじら」
スペースノットブランク 「氷と冬」


↑TOP

あらすじ



今と同じ時代、今と同じ時間、今と同じ場所。
独身者用のアパートに、一人の男が越してくる。 挨拶の為に訪ねた隣人の部屋、 そこに潜んでいたものは…。
アラビアの海に浮かぶ部屋。 天井のシミュラクラ。 嗅ぎまわる犬。 宇宙船の帰還。 そして寝酒に濡れた隣人。
共通の話題はたった一つ。 たった一つの、小さな殺人事件。
「こう考えてみたらどうかな? この部屋の、このドア一枚が、たまたま二つの国の国境線上にあったってこと。」
信じて貰えるだろうか?こんなに大きなHORROR話。

↑TOP


キャスト




岩松毅

江花実里

田村友紀


澤岡史織

永井友梨

佐々木諒

↑TOP

ご挨拶



え、そんなわけでして。昨年末上演しました「天使も踏むを恐れるエチカ」が、2020年3月、早くも再び登場します。 架空畳、KAATでの演劇祭への参加は3年連続です。 一昨年・第3回かもめ短編演劇祭「彗星たちのスケルツォ」は、江花実里と小野寺の二人芝居。 昨年・戯曲コンペティション最優秀賞を頂きました「モダン・ラヴァーズ・アドベンチャー」は戯曲提供でして、上演は劇団・柿喰う客によるもの。 つまり、3年目の今年になってようやっと、小野寺が劇作・演出、出演は架空畳の俳優という本来の形態での上演です。 なんか凄い遠回りをした気もしますが、それもまたチグハグしていて、らしいかなと思います。 年末、王子で上演しました作品ですが、KAATの舞台用に、より面白く・デタラメになるよう手を入れます。 幾つもの歪んだ真実を循環する戯曲です。 もう一つの、エチカの物語をどうぞご期待下さい。 横浜でお会いしましょう。

架空畳
小野寺邦彦

↑TOP