NEXT

次回公演


update 2021.09.01


架空畳 Reading Dub Session



「あ;今;いな;未ら;い」


LAYER1/ +LAYER2/ +LAYER3/
+EXTRA LAYER



配信期間: 2022年 7月22日(金)まで
チケット料金:2900円
FLYER

作・演出:小野寺邦彦
出演:岩松毅 /江花実里 /大浦孝明 /林大輔 /江花明里
/田尻祥子 /日野あかり /荒波タテオ /小島あやめ /月山和香 /大矢紗瑛 /丸尾聡

公演期間「延長」と物語「増殖」のお報せ



本公演は、全9本のSF短編戯曲を、俳優が台本を持って演じる「リーディング」形式によって上演・配信する 『Reading Dub Session』として企画し、実施致しました。 当初の予定では、2021年8月31日の「LAYER3」配信をもってチケットの販売を終了し、全9話の短編集として幕を降ろすはずでした。 しかし2つの理由から、この公演の「延長」を決めました。 ひとつは、動画の視聴が翌2022年7月22日まで可能であること。 そしてもう一つは、当初の企画コンセプトを取り戻すためです。
『あ;今;いな;未ら;い』は、2020年の11月に企画されました。その時点では、公演を行う2021年の8月には感染症はそれなりにおさまり、劇場はそれ以前の光景をある程度以上、取り戻していると思っていました。で、あればこそ【感染症のおさまっていないパラレルなもう一つの世界】を想定し【時期遅れ】になっているであろう【徹底した感染症対策を施した公演】を劇場内にシミュレートしようと思ったのです。
ところがご存じの通り、それはシミュレーションではなく、現実になってしまった。 劇場公演が最も困難な状況でも上演を行うにはどのような形態であれば可能か? という問いは空想ではなく、単なる現実への対処に堕してしまった。
現実の前に脆くも失われたそのコンセプトを、取り戻します。新たに立てた「公演が最も困難な未来のシチュエーション」それは【来年まで、或いはもっと永い未来にかけて、劇場公演がうてなくなった世界】であり、それに対する我々の回答が、物語の「増殖」です。 新たな公演が実施できないのであれば、新規のクリエイションを今あるコンテンツに「継ぎ足して」いく。おあつらえ向きに『あ;今;いな;未ら;い』はネット上で展開するデータ上の配信コンテンツです。あと1年、この器に物語を追加していきます。
そんなわけで全9話のはずであった物語は、2022年7月まで「増殖」を続けます。 それは戯曲であったり、朗読であったり、マンガであったり、時には一枚の絵であるかもしれません。 チケットをご購入のお客様には一切の追加課金なく、ネット上で『あ;今;いな;未ら;い』の追加ストーリーがアップロードされる毎にそのURLをお報せ致します。 9話のリーディングのつもりでご購入頂いたチケットに、「勝手に」コンテンツが追加されていくのです。 勿論、それをご鑑賞いただくのも、無視して頂くのも自由です。 しつこいですが物語は「勝手に」増殖していくのですから。 私たちはそれを「EXTRA LAYER」と名付けました。 EXTRA、は「余計な」という意味です。 いま、壊れかけてゆく世界で「不要不急」の極み・なくてもいいのに何故かある、余計な絵空事を頼まれてもいないのに詰め込んで『あ;今;いな;未ら;い』は膨れ上がります。 全9話でスマートに(?)収まった短編集が台無しになるかもしれません。 来年の7月、それがどんな形をしているのか、私にも全く分らないのです。そして世界がどんな形をしているのかも。
ぜひ一緒に遊びましょう。あるいはすれ違いましょう。気が向いたときで結構です。 物語を置いておきます。

架空畳 小野寺邦彦

NEWS



09-01 : LAYER3配信開始
08-25 : 公演期間「延長」と物語「増殖」のお報せ

↑TOP

コンセプト



2021年の架空畳は、全9話で構成された、オムニバス形式のSF短編集です。 しかも、リーディングです。 俳優が台本を持ち、台詞を読みながら演じます。 可能な限り感染症のリスクを減らし、かつ、クオリティをもった上演を行う為に。 そしてホンの少し先の、「いま;未来」も見通せない状況の中で、「不自由を表現する」為に選んだ上演形態です。 9本の短編をそれぞれLAYER1(2話)、LAYER2(2話)、LAYER3(5話)の3回に分けて配信・上演致します。
LAYER1とLAYER2には、架空畳でお馴染みの俳優が出演、そしてLAYER3にはオーディションから選出された俳優たちがそこに加わります。 戯曲と俳優と台詞と状況、それぞれのレイヤーを重ねて一つに表現される Dub Session! どうぞ、ご期待下さい。

↑TOP

チケット

  • 映像視聴チケット(+戯曲データ)
    2900円

    LAYER1:全2話(計35分)

    LAYER2:全2話(計35分)

    LAYER3:全5話(計85分)

    EXTRA LAYER:???

    ・3公演・全9本の短編をすべて映像配信にて視聴する権利の購入パックです。
    ・映像は全てリアルタイム配信ではなく、収録したものの編集版です。
    ・LAYER1~3は吉祥寺シアターにて収録。
    ・2022年7月22日まで、何度でもご視聴頂けます。
    ・EXTRA LAYERは予告なく追加されます。追加され次第、視聴URLをメールにてお報せ致します。

    販売期間
    ・2022年7月11日(月)まで。

    チケットを購入する

    ↑TOP

    ものがたり



    LAYER1
    出演:岩松毅 /江花実里 /大浦孝明 /林大輔 /江花明里

    ・01「Dance/Distance」
    一人暮らす私の部屋に、ある日、ワタシが送られてきた。 それは私のデータをスキャンした、私にそっくりのAIコミュニケーション・ギア。 私はワタシを操縦し、ワタシの目を通して、私を見た。やりたいことは…ただ一つだけ。

    ・02「エイリアス/エイリアン」
    放課後の図書室。イタバシ区立高島平学園に通う井出アキラは、一冊の本が肉体と魂の二つに分けられ、陳列されることを知った。 月の夜。片方ずつしか開いてはいけない押し入れを観音開きに開けてしまったとき。 見てはいけないモノを見る。



    LAYER2
    出演:岩松毅 /江花実里 /大浦孝明 /林大輔 /江花明里

    ・03「冥界に下るオルフェ」
    その星には、死刑制度がなかった。 幼児連続殺人の罪で投獄された男・カロは、一切の労働と娯楽を禁止された、無為なる230年の禁固刑を受ける。 時の凍り付いた独房に、一冊の本を持って現れた男は、自らを「物語の探偵」と名乗った。

    ・04「シ者のオゴり」
    食糧難から滅亡の危機を迎えた人類。超科学文明を持つ異星人とのコンタクトに成功すると、生存の願いを込めて一路7800万光年先の宇宙を目指す。 マイナス196℃のコールドスリープに身を預けて…。 その夢が解凍されるとき、身も凍る真相が明らかになる。



    LAYER3
    出演:岩松毅 /江花実里 /大浦孝明 /林大輔 /江花明里 /田尻祥子 /日野あかり /荒波タテオ /小島あやめ /月山和香 /大矢紗瑛 /丸尾聡

    ・05「POST WAR BABYの帰還」
    人類が21の世紀を跨ぐ直前。郵政民営化という呪いに囚われた郵便配達夫・ファビアンは、失われた宛名を探し求めて辿り着いた千葉県は成田市三里塚で、想像力が地上げされ、宙に舞う姿を目撃する。

    ・06「真夜中の太陽」
    自分以外のすべての人間が眠ってしまった夜。正気と狂気の二進法が支配する浜辺で、自らがつけた足跡から「夜の太陽」を探す人々。それは解いてしまった宿題の、おぞましい末路の姿だった。

    ・07「接・続・さ・れ・た・女(ヒト)」
    幼い頃、父が買って帰ったカブト虫。それはかけ合わされた手負いの英雄だった。夏が終わる前にひっくり返ったカブト虫。そして今、私も仰向けで、透明の飼育ケースの中。覗き込む顔は…。

    ・08「ダモクレスの天井」
    かつてソビエト時代、あの天井を突き破り、幾つもの人工衛星が飛び立った。そしていまも、その衛星から受信する電波で私たちは目の前のヒトと待ち合わせる。一瞬の輝きの中に100年分、手を振る瞬間を閉じ込めて。

    ・09「い;ま;未;来」
    その日、一人の男が大通りの真ん中で死んだ。だが、その男は誰にも見つからなかった。それは、今も…。世界の表と裏がひっくり返る、その狭間に横たわった男を殺した犯人 を我々は誘い出すことに成功した。だが…。



    EXTRA LAYER

    NOW WRITEING…



    ↑TOP


    出演




    岩松毅

    江花実里

    大浦孝明

    林大輔

    江花明里

    田尻祥子

    日野あかり

    荒波タテオ

    小島あやめ

    月山和香

    大矢紗瑛

    丸尾聡

    ↑TOP

    スタッフ


    音響:久郷清 / 照明:松田桂一 / 美術:金座 / 舞台監督:にしわきまさと / 衣装:小川優太 / デザイン:orange21 / 写真:松村事務所 / イラスト:あけたらしろめ / 制作:永井友梨、柴山花奈子 / 協力:文学座、サンミュージックプロダクション、オフィスTopica、(株)ワンダー、演劇ネットワーク@丸尾、革命アイドル暴走ちゃん



    ↑TOP

    「予習」動画



    当公演の参照元である古典・有名作品を、小野寺が「極私的に」解説する【予習】シリーズ(随時更新)。


    #03_サン=テグジュペリ「夜間飛行」


    #02_プルースト「失われた時を求めて」


    #01_ゲーテ「ファウスト」

    ↑TOP

    当日パンフレット



    ・LAYER3の劇場パンフレットをデータにて配布致します。こちらより、ご覧ください。